E〇C特待認定学概論(1単位)

 

 

こんにちは。

 

 

いきなりですが、編/入の受験にも予備校があるって知ってますか

実はあるらしいんですよ、ぼくは12月くらいまで知らなかったんです。

 

 

大学入試の三大予備校と言えば

 

〇台

河〇塾

代〇ミ

 

ですよね。


f:id:cho-riron:20180329124416j:image

 

 

編/入学の予備校にもそういうものが存在するそうです。

 そのうちの1つ、E〇C編/入学院には特待生というものがあります。中身は全く知りませんがとりあえず「特待生」になれるそうで。

 

特待生になるには認定試験に合格しなければならないそうです。

 

 

 

 

ぼくがTwitterで仲良くしてくれているとあるフォロワーがそれを受験してきたのですが、

f:id:cho-riron:20180328202215j:image

こんなことを言っていたので、今回このクソブログに書くことになりました。 

これからを予備校に入ろうと考えてる受験生にとっては大変役に立つものだと思います…。

 

 

 

では本編どうぞ

 

 

 

 

 

E〇C選抜&特待生認定試験受験記

 

 

はじめまして、某私大文系の新2年生Mくんです。
先日E〇C編入学院の選抜&特待認定試験を受験してきたので、来年度以降E〇C編入学院(以下E〇C)に入ろうかと考えている方のためにその時のことを書こうと思います。

 

E〇Cでは経済学、法学、英語などの科目が難易度別にクラス分けされており、上位のクラスに入るためには3月に行われる「選抜&特待認定試験」を受験し、その科目のテストで基準点を超える必要があります。


具体的には、

前期の経済学は”経済学α”と”経済学β”に分かれています。

職員の方曰く、神/戸大までならβでなんとかなるんですが、それ以上の大学、旧帝大を受験する場合はαを受講してください ということだそうです。

そしてその経済学αを受講する資格を貰うために選抜の認定試験があるのです。

 


また、特待認定を受けるためにもそのテストの英語科目において基準ラインを越えなければいけません。


自分は京〇大学経済学部3年次編入を目指しており、特待認定と経済学α受講資格のためこの試験を受けました。(特待認定されるとレギュラー講座の学費が50%も割引されます)

 

では、試験内容を書こうと思います。
(問題はその場で回収されたため思い出して書いています。その実際とは多少異なるかもしれません。)

 

①英語
60minで大問4つ、全て記号問題。
構成は
Ⅰ.文法問題
文中に存在する()に入る語句を4つの選択肢から選ぶ形式。これが30問ほど
3割程度が純粋な文法問題で残りは語彙問題
語彙問題はコロケーションを問うものもありましたが大半は単に意味を知っているかどうか。

Ⅱ.整除英作文
これは10問程度だったかな?全部純粋な文法問題だったと思います。


Ⅲ&Ⅳ.長文
どちらも300words程度の文章
Ⅲでは「宣伝」に関する文が出され、文中に()がいくつか存在し、その()内に入るものを選択肢の4つから選ぶ形式
5問ほどあり、2問が文法知識で3問が内容把握みたいなかんじでした。


Ⅳはバーバルコミュニケーションとノンバーバルコミュニケーションについて
文章の後にある5つの設問に答えていく形で、設問は内容把握できているかを問うもの。
5問目では4つの英語で書かれた諺が提示され、文章の内容と関連するものを選ぶという問題が出された。

 

 

次に難易度や対策について書いていきます。


語彙問題に関しては自分が苦手なこともあり、あまり解けませんでした。
受験向けの単語帳、例えばシス単、などを一冊仕上げたことがある人は大丈夫でしょう。
苦手な人は単語帳を1冊しあげよればよいのかなと思います。
(ちなみに補助テキストとして英語αでは速単上級、英語α未満のクラスでは速単標準が使用されているため何も単語帳を持ってない人は速単を買えば英語の授業をとるときに同レベルの単語帳2冊目を買わずに済む)


文法問題と長文問題ですが、
これは本当に本当に本当に高校受験レベル~センターレベルでした。
語句問題以外は使用されている語彙も高校受験レベル~センターレベルで、問われる文法知識もセンターと同じレベルかそれ未満。

長文もテーマや内容が単純で論理展開もシンプル。文の構造も高校受験レベルのため英文解釈としては、西きょうじ先生の「基本はここだ」さえオーバーワークと思えるほどです。


諺の問題も明らかに不適切なものを削除すれば答えのみが残るため特別な対策は不要。
今まで英語を多少勉強してきた人ならば語彙問題さえ何とかすれば問題なく満点をとれるでしょう。


ただ英語をあまり勉強してこなかった、センター英語で8割すらとれない、という人はForestぐらい見返したほうが良いかもしれません。
そういった人も長文対策は不要だと思います。
長文の内容は簡単なので語彙と文法の勉強をするだけで十分です。
(僕のおすすめの文法の本はEnglish EXという本ですがTOEICやこの試験対策には無用の長物)

 

受験の結果ですが、

自分は選抜はクリアしたものの、特待はいただけませんでした。

 

たぶん語彙問題のほとんどを落としたからだと思います。
(多分それ以外はほとんどミスがないはず)

 

(語彙問題のレベル(もしかしたらそれも自分が苦手なだけでそこまで難しくないのかも)に対して長文と文法問題のレベルの低さにもしかしてE〇C講師の質ってアレなのかなと思ったりして)


ちなみに時間も厳しくありません。
焦らなければ3,40分程で解き終わるでしょう。

 


②経済学
これは、「本当に数学がどうしてもできない」って人を落とすための試験に感じました。形式は計算の答えを解答用紙に書くもので英語と同様に60min


大問4つで構成され、
ⅠとⅢは経済学、ⅡとⅣは数学からの出題でした。


Ⅰミクロの問題で小問が二つ
予算,2財の価格,量を文字で与えられ
小問①は予算制約式をかけというもの、小問②は忘れましたがこれも超基礎的なもの


Ⅲはマクロ経済学から。様々な値を与えられ均衡国民所得を求めるもの。しかしGDPの式すら与えられているため知識はほとんど不要。


Ⅱは高校の数Ⅰ、Ⅱから
中学レベルの連立方程式2次方程式の解を求めるなどで、大半の人は対策不要かと。


Ⅳは基本的な偏微分が出題されました。
ちゃんとした理解は不要で計算さえできればOkです。

 

 

以上です。

今年受験する人はお互い頑張っていきましょう。これから選抜と特待認定を受ける人は是非参考にしてみてください。

inakaくんのブログは閲覧者少ないので多分対策されることはないでしょう。

 

おわり

 

 

予想以上に長い文章が送られてきてびっくりしました()

僕から特に言うことがないので今日はこの辺で。

 

 

おわり。